クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第25話「決戦」

ドラゴニュート「食らえ!ディメンジョンバスター!!」

(ドラゴニュートはイリーガルにディメンジョンバスターを放った、しかし、瞬間移動で回避された)

イリーガル「無駄だ」

エミリア「アイシクルアロー!!」

(エミリアはアイシクルアローを放った、しかし、瞬間移動で回避された)

イリーガル「貴様らは私に攻撃一つ当てる事はできない」

レイナ「それはどうでしょうかね?ファイア!!」

(レイナはファイアで攻撃した、しかし、瞬間移動で回避された)

イリーガル「私の戦闘能力は今までのどの相手よりも上だ」

メギド「だったらそれを越えるまでよ!メギドフレイム!!」

(メギドはメギドフレイムで攻撃した)

イリーガル「身の程を知れ!イリーガル・デストロイヤー!!」

(イリーガルの放ったイリーガル・デストロイヤーはメギドフレイムを押し返し、大爆発を起こした)

メギド「あああああああっ!?」

ドラゴニュート「メギド!!」

レイナ「大丈夫、気を失っているだけです」

ドラゴニュート「よかった…」

イリーガル「救世主よ、どうした?まさかこの程度ではないだろうな?」

ドラゴニュート「ああ、本当の戦いは、ここからだ!!」

(ドラゴニュートはディーヴァにカイトのカードを挿入した)

ディーヴァシステム音「カイト、ロード」

ドラゴニュート「うおおおおおおっ!!」

ゴッドドラゴニュート「超覚醒、ゴッドドラゴニュート!!」

イリーガル「それが噂のゴッドドラゴニュートか」

ゴッドドラゴニュート「一気に決めるぞ!乙女抜刀剣!!」

(ゴッドドラゴニュートは乙女抜刀剣を放ち、大爆発を起こした、しかし…)

イリーガル「少しは効いたな」

ゴッドドラゴニュート「あれを食らって生きてるとか、化け物かよ!?」

イリーガル「今までの相手なら簡単に倒せただろうな、だが、私はそいつらとは別格だ、ようやく気付いたようだな」

ゴッドドラゴニュート「なら、これはどうだ!?」

(ゴッドドラゴニュートはディーヴァにウルトラマンティガのカードを挿入した)

ディーヴァシステム音「ティガ、ロード」

ゴッドドラゴニュート「食らえ!グリッターゼペリオン光線!!」

(ゴッドドラゴニュートはグリッターゼペリオン光線を放った)

イリーガル「まだ歯向かうか、愚かだな、イリーガル・デストロイヤー!!」

(イリーガルの放ったイリーガル・デストロイヤーはグリッターゼペリオン光線を押し返し、大爆発を起こした)

ゴッドドラゴニュート「うわああああああっ!!」

(ゴッドドラゴニュートは変身解除し、ドラゴニュートの姿に戻った)

エミリアドラゴニュート!!」

レイナ「ドラゴニュートさん!!」

ドラゴニュート「うぅっ…強い…!強すぎる…!!」

イリーガル「はぁ…聞いて呆れるな…これが救世主の力か…笑わせてくれる…」

(圧倒的な強さを誇るイリーガル、果たしてドラゴニュート達はイリーガルを倒せるのか!?)

 

つづく

作者伝説ワールド 第24話「戦いの真実」

(イリーガルがドラゴニュートの故郷の世界に現れたと聞き、ドラゴニュート達はウルトラマンティガの世界を後にし、ドラゴニュートの世界に戻ってきた)

ドラゴニュート「久々にこの世界に戻ってきたな…」

エミリア「でも酷い有様ね…」

レイナ「ほとんど廃墟にされてる…許せません…」

メギド「イリーガルはかなりの力を持っている、だから、この程度造作でもないんでしょう」

イリーガル「待っていたぞ、救世主」

ドラゴニュート「イリーガル!お前を倒せばこの戦いは終わりだ!!」

イリーガル「貴様にできるかな?」

ドラゴニュート「できるできないじゃない、やるんだ!!」

イリーガル「そうか、しかし、裏切り者が一人いるようだが?」

メギド「イリーガル、これは私の意思よ」

イリーガル「そうか、我々の目的も忘れた愚か者が」

レイナ「では、戦う前に一つ聞きます、あなた達の目的は何なんです?何故世界を滅ぼすんです?」

イリーガル「何故、か、簡単な話だ、人類が宇宙にとって危険な存在だからだ」

エミリア「一体どういう事?」

イリーガル「分からないか?人類は意見の食い違いで何度も争い、人種が違うからと迫害し、ほんの些細な事で同胞を殺す、このような事をする人類を宇宙は危険と判断したんだ」

ドラゴニュート「そんな…!じゃあ、お前たちを生み出したのは…!!」

イリーガル「宇宙だ、つまり、我々暗黒三姉妹は宇宙が人類殲滅の為に生み出した存在だ」

レイナ「じゃあ、私達はずっと宇宙そのものと戦っていたんですね…」

ドラゴニュート「だからって…人類を滅ぼさせるわけにはいかない!!」

イリーガル「ほう…ならば何故お前達は人類を守ろうとする、人類は宇宙にとって害をなす存在だぞ」

ドラゴニュート「そんなの決まってる!人類はそこまで愚かじゃないからだよ!!」

エミリアドラゴニュート…」

ドラゴニュート「確かに人類にもお前の言うような悪い奴はいるよ、けど、それはほんのわずかな人間だけなんだ」

イリーガル「そのほんのわずかな人間が宇宙を破滅に導く可能性もある」

ドラゴニュート「だからそれはお前の勝手な理屈だろうが!!」

イリーガル「何!?」

ドラゴニュート「俺は色んな世界を旅して気付いたんだ、確かにどの世界にも悪い奴はいた、けど、そんな悪い奴に負けない力を人間は持ってた、だからいつか世界は本当の意味で平和を手にする可能性もある、そう思えたんだ」

イリーガル「そんなもの、来ない、絶対に、宇宙がそう言っている」

ドラゴニュート「それは宇宙が、だろ?お前自身の意見はどうなんだ?」

イリーガル「人類と宇宙の共存は不能、それが私の意見だ」

メギド「どうやら本当に戦うしかないみたいね…」

ドラゴニュート「戦わずして平和を掴めたらよかったんだがな…仕方ない!!」

イリーガル「覚悟しろ!救世主!加減はしない!!」

ドラゴニュート「本気で行くぞ!イリーガル!!」

 

つづく

作者伝説ワールド 第23話「TAKE ME HIGHER」

ドラゴニュート「うわあああああっ!!」

(地中より現れたスーパージェノサイドザウルスは、地上を次々と火の海に変えた)

ダイゴ「くっ!このままじゃ被害が増える一方だ!」

ホリイ「アートデッセイ号は今メンテナンス中やし、こら万事休すやな」

レナ「でもこのままあいつを放っておくわけにもいかないでしょ?」

シンジョウ「だが、こちらの携行武器は一切あいつに効かない、一体どうすれば…」

ドラゴニュート「俺に任せてくれ!」

ダイゴ「無茶だよ、君」

ドラゴニュート「大丈夫!」

(ドラゴニュートはカイトのカードをディーヴァに挿入した)

ディーヴァシステム音「カイト、ロード」

ドラゴニュート「うおおおおおおっ!!」

ゴッドドラゴニュート「超覚醒、ゴッドドラゴニュート!!」

(スーパージェノサイドザウルスはゴッドドラゴニュート向けて破壊光線を放った、しかし、ゴッドドラゴニュートは無傷だった)

ゴッドドラゴニュート「そんなガラクタでなぁ!勝てる訳ねえだろ!!」

メギド「何か…気性荒くなってない…?」

エミリア「確かに…」

レイナ「多分、あのカードの効果なんでしょう…」

ゴッドドラゴニュート「地に這いつくばって消えてもらう!食らえ!乙女抜刀剣!!」

(乙女抜刀剣を食らったスーパージェノサイドザウルスは、チリ一つ残さず消滅した)

ゴッドドラゴニュート「フフフ…勝った…勝ったぞ…」

エミリアドラゴニュート!!」

ドラゴニュート「あれ?俺、何かしてた?」

レイナ「覚えてないんですか?さっきゴッドドラゴニュートに変身して…」

メギド「あ!分かった!私がかけたシステム停止光線の効果がまだ残ってたんだ」

レイナ「だから、ディーヴァが誤作動を起こしたんですね…」

ドラゴニュート「何か知らないけど、あいつを倒せてよかった…」

ダイゴ「ありがとう、えーっと…」

ドラゴニュートドラゴニュートだ!」

ダイゴ「ドラゴニュート、ありがとう」

ドラゴニュート「へへ…」

レイナ「!!大変です!!」

ドラゴニュート「どうした?」

レイナ「ドラゴニュートさんの世界に、イリーガルが現れました!!」

エミリア「何ですって!?」

ドラゴニュート「とうとう決戦の時が来たのか…」

 

つづく!!

作者伝説ワールド 第22話「目覚めよウルトラマンティガ」

ティガ「チャッ!」

ドラゴニュートウルトラマンティガ!本物だ…!!」

(ティガはジェノサイドザウルス二代目にハンドスラッシュを放ったが、効かなかった)

ティガ「ッ!?」

ドラゴニュート「ティガ!そいつには光線技は効かない!それ以外の攻撃を放つんだ!!」

ティガ「ムッ!!」

(ティガは高くジャンプし、ウルトラかかと落としを放った、そして、ジェノサイドザウルス二代目の頭に命中した)

ジェノサイドザウルス二代目「ギャオオオッ!!」

ティガ「チャッ!!」

(ティガはウルトラブレーンチョップを放った、ジェノサイドザウルス二代目はダメージを受けた)

ジェノサイドザウルス二代目「グオオオッ!!」

(その後、ティガはジェノサイドザウルス二代目に組み付き、ウルトラヒートハッグを放った)

ジェノサイドザウルス二代目「グオオオオオ…!!」

(その後、ジェノサイドザウルス二代目は大爆発を起こし、爆散した)

ドラゴニュート「やったぁ!!」

(そして、ティガは空の彼方へと去って行った)

エミリア「あのティガってウルトラマン、かっこいいわね」

ドラゴニュート「だろ?かっこいいんだよなぁ…」

レイナ「ドラゴニュートさんってば、まるで恋をした女の子みたいですね…」

メギド「まあ、いいんじゃない?けっこう女の子みたいだし、私も初めて見た時一瞬女だと思ったし」

ドラゴニュート「何か言ったか?」

レイナ「いえ、何も」

ダイゴ「君達、大丈夫だったかい?」

レイナ「キャー!誰このイケメン!!」

ダイゴ「え!?」

ドラゴニュート「GUTSのマドカ・ダイゴ隊員だよ」

ドラゴニュート「(そして、ウルトラマンティガの変身者でもある人だ)」

レイナ「ちょっとちょっと!超かっこいいんですけど!!」

メギド「わ…分かったからちょっと落ち着きなよ、この人も困ってるじゃん…」

ダイゴ「は…はは…」

ドラゴニュート「まあ、かっこいいのは当たり前だよな、なんせあの有名アイドルグループのジャ…」

エミリア「ストップ!それ以上はあの事務所の圧力でこの小説が消される可能性があるわ」

ドラゴニュート「そ…そうだな…、後メタいな」

ホリイ「何やダイゴ、えらくモテてるやないか」

シンジョウ「俺と同じ墜落コンビで俺よりモテるとか、羨ましいな、このっ!」

レナ「全く、ダイゴったら、こんなかわいい女の子4人といちゃついて…」

ダイゴ「ごめんって、レナ」

ドラゴニュート「後、俺は男だ」

レナ「そうなの!?」

ホリイ「てっきり女やと思ったで…」

ドラゴニュート「これももう定番ネタだな…」

(その時、大きな揺れが起こった)

ドラゴニュート「!!何が起きてるんだ!?」

ホリイ「何や何や!?」

(その時、地中からスーパージェノサイドザウルスが現れた)

スーパージェノサイドザウルス「ギャオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!」

ドラゴニュート「ジェノサイドザウルス!?」

レイナ「の、強化版でしょうか…」

ホリイ「あかん!逃げるで!!」

ドラゴニュート「三十六計逃げるが勝ちだ!!」

 

つづく

作者伝説ワールド 第21話「Brave Love, TIGA」

ドラゴニュート「この世界は?」

レイナ「ウルトラマンティガの世界です」

ドラゴニュート「マジか!遂にティガの世界にも足を踏み入れたのか!」

エミリア「そう言えば、ドラゴニュートの一番好きなウルトラマンって…」

ドラゴニュート「ティガだよティガ!神秘的でかっこいいんだよな~」

エミリア「神秘的でかっこいい…それってイケメンって事?」

ドラゴニュート「そうだな、神秘的なイケメンだな」

レイナ「ところで…メギドさんの翼は一般人に対してかなり目立つのでは?」

メギド「ああ、この翼ね、一応収納できるから収納しとくわ」

ドラゴニュート「それ収納できるのかよ…」

(すると、地面から巨大な怪獣が現れた)

ドラゴニュート「あれは…!!」

レイナ「ジェノサイドザウルス!!」

ドラゴニュート「俗に言う二代目ちゃんって訳か!!」

エミリア「あ!戦闘機が来たよ!何か黄色いけど」

ドラゴニュート「ガッツウイング1号と2号だな、でもジェノサイドザウルス相手じゃ…」

(ジェノサイドザウルス二代目の攻撃でガッツウイング1号と2号はあっさり撃墜された、なお、パイロットは脱出した)

ドラゴニュート「くそっ!こうなったら!!」

(ドラゴニュートはディーヴァにウルトラマンのカードを読み込ませた)

ディーヴァシステム音「ウルトラマン、ロード」

ドラゴニュートスペシウム光線!!」

(ドラゴニュートスペシウム光線を放ったが、効き目がない)

エミリア「嘘!?前は効いたのに…」

メギド「きっと、光線に対して何らかの対策をしているのよ」

ドラゴニュート「くっ!ならこれはどうだ!!」

(ドラゴニュートはディーヴァに仮面ライダー龍騎のカードを読み込ませた)

ディーヴァシステム音「龍騎、ロード」

ドラゴニュート「食らえ!ドラゴンライダーキック!!」

(ドラゴニュートの放ったドラゴンライダーキックはジェノサイドザウルス二代目にダメージを与えた)

ジェノサイドザウルス二代目「ギャオオオオオオッ!!」

エミリア「効いてる!!」

ドラゴニュート「やっぱり、こういう時は物理で殴るしかないな!」

ジェノサイドザウルス二代目「グルルル…」

ドラゴニュート「やば…こっち睨んでる…」

(その時、光の中から巨人が現れた!!)

レイナ「あれは…」

ドラゴニュートウルトラマンティガ!!」

 

つづく

作者伝説ワールド 第20話「Revolution」

ドラゴニュート「うぅっ…」

メギド「そろそろトドメを刺してあげるわ」

エミリアドラゴニュート!立って!!」

レイナ「ドラゴニュートさん!!」

ドラゴニュート「お前、迷ってるだろ」

メギド「えっ!?」

ドラゴニュート「今のメギドフレイム、当てようと思えば俺に当てれた、けど、お前はその迷いのせいか外してしまった、違うか?」

メギド「そ…そんな事あるわけないじゃない!何で私が…」

ドラゴニュート「やっぱり、迷ってるな」

メギド「ち…違うわよ!迷ってなんか…迷ってなんか…」

ドラゴニュート「じゃあ、その目から流れてるものは何だ」

メギド「えっ?やだ、私ったら、何で泣いてるのよ…」

ドラゴニュート「お前、何かあったんだろ?よかったら聞かせてくれよ」

エミリアドラゴニュート、何を…」

メギド「………妹を…フィンブルをこの手で殺したの…お姉様からの命令だったの、逆らったら、自分の命も危なかった、だから…だから仕方なかったの!!」

ドラゴニュート「…それは、辛かったな」

メギド「私は、フィンブルの事が好きだった、けど、お姉様はそのフィンブルを殺せと命じた…私、どうすればいいか…」

真司「そんなの迷う事ねえだろ!そのお姉様って奴と戦えばいいじゃねえか!!」

メギド「え?」

蓮「この馬鹿の言う通りだ、お前が悪いと思う奴と戦えばいい」

メギド「私が…お姉様と…」

ドラゴニュート「メギド、お前はどうしたいんだ?」

メギド「私は…お姉様を許せない…だから、戦う!」

ドラゴニュート「OK!じゃあ、行こうぜ!戦いに」

メギド「うん!」

真司「何かよく分からないけど、頑張れよ!」

ドラゴニュート「ああ!」

レイナ「さて、行きましょう、次の世界へ」

ドラゴニュート「分かった!」

 

つづく

作者伝説ワールド 第19話「果てしない炎の中へ」

真司「ふぅ…何とか脱出できたな…」

エミリア「あの紫の仮面ライダー、死んじゃったかしら?」

蓮「いや、あいつはあの程度じゃくたばらんだろう」

ドラゴニュート「でしょうね」

真司「それより、あんたらはどうしてミラーワールドで自由に活動できたんだ?」

レイナ「それは、私達が救世主だからです」

真司「え?救急車?」

蓮「バカ、救世主だ」

真司「え?救世主ってあのゲームとかでよく見るあれか?」

レイナ「まあ、そう言う所ですね」

真司「うお~!すっげえな!こんなかわいらしい女の子達が救世主なんて!!」

ドラゴニュート「一応、俺は男だけどな」

真司「え?そうなの?何か失礼しました」

蓮「(俺も女だと思ってたぞ…)」

レイナ「それより、この世界は今狙われているんです!」

真司「マジで!?それってまさかコン・バトラーVのキャンベル星人みたいな奴が来るのか?」

レイナ「え?コン・バトラーV?キャンベル星人?この世界はそう言った者たちにも狙われているんですか?」

蓮「おい、バカ真司、この人が困ってるだろ?お前の好きなアニメの話は控えろ」

真司「ごめんって、てかそんなにバカバカ言うなよな…」

レイナ「えっと…話を戻しますね…この世界は今、全並行世界を滅ぼそうとする存在に狙われているんです」

蓮「何だと!?」

真司「全並行世界を滅ぼす!?」

ドラゴニュート「残念だが、事実なんだ、だから俺達が来た」

レイナ「実際に、沢山の世界がその存在によって滅ぼされているんです」

真司「おい、蓮!こりゃライダーバトルどころじゃないぞ!他のライダーにも協力を…」

蓮「無理だな」

真司「何でだよ!こんな状況なんだぞ!」

蓮「きっと、他のライダー達に言っても相手にされないだろう」

真司「そんな…世界が滅ぶかもしれないってのに…」

レイナ「ドラゴニュートさん、何故、この世界の人達は一つになれないんでしょうか?」

ドラゴニュート「ん?多分だけど、みんなそれぞれ正義があるんだよ、それぞれに正義があるからこそ争ってしまうんだ、要するに、正義と正義のぶつかり合いって感じだと思う」

レイナ「大きな脅威を前にしても、一緒に戦う事が出来ないなんて…」

真司「安心してください、きっと俺と蓮が何とかして見せますから」

蓮「おい、俺を巻き込むな」

???「見つけたわよ、ドラゴニュート!!」

ドラゴニュート「お前は…メギド!!」

メギド「うふふ、久しぶりね、今度は負けないわよ」

ドラゴニュート「一度は倒した相手なんだ、今度だって!!」

メギド「させないわよ!はっ!!」

(メギドはドラゴニュートにビームを放った)

ドラゴニュート「うわっ!!」

エミリアドラゴニュート!!」

ドラゴニュート「ん?何ともないじゃないか、よし!カイトのカードを…!!」

(ドラゴニュートはカイトのカードをディーヴァに挿入した、しかし、何も起こらなかった)

ドラゴニュート「え!?何でだよ!?」

メギド「さっきのビームでそのディーヴァ?とか言う剣のシステムを停止させたのよ」

ドラゴニュート「そんな!おい、何とかならないのか?レイナ」

レイナ「分からないですよ!こんな状況、想定してないですから!!」

ドラゴニュート「そんな…!!」

メギド「うふふ…今度こそあなた達の最後ね!喰らいなさい!メギドフレイム!!」

(メギドフレイムは大爆発を起こし、ドラゴニュートを吹き飛ばした)

ドラゴニュート「うわあああああああああああああああああっ!!」

エミリアドラゴニュート!!」

レイナ「ドラゴニュートさん!!」

 

つづく