クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ヒーローズ 第9話「激突」

シャドウ「食らえ!エビルライトニングバースト!!」

シャドウは複数のエビルライトニングを同時に放ってきた

ドラゴニュート「散開だ!」

ドラゴニュート達は散開し、攻撃を回避した

シャドウ「もう俺の技を攻略したつもりか?」

カイト「まさか、まだ大技があるのか!?」

シャドウ「あるんだなぁ、これが!」

シャドウは複数のエクスプロージョンを同時に放ってきた

辺り一面は大爆発を起こし、ドラゴニュート達は吹き飛んだ

千春「キャアアアッ!!」

レイラ「うぐぅっ!!」

シャドウ「ハッハッハッハッハ!愉快だぜ」

メギド「くっ!何て威力なの!」

シャドウ「さて…そろそろトドメを刺してやるか」

ドラゴニュート「まだだ!まだ終わってない!!」

シャドウ「いい加減諦めろよ」

ドラゴニュート「みんなの魔力を俺に貸してくれ!試してみたい技がある!」

エルピーダ「うん!分かった!」

すると、エルピーダ達はドラゴニュートに対し、魔力を分け与えた

シャドウ「ふん、その程度で俺を倒せるわけがない」

ドラゴニュート「よし!行くぞ!!」

ドラゴニュートは剣を構え、剣に魔力を集めた

シャドウ「ッ!!これは…!!」

ドラゴニュート「食らえッ!!セヘルアルハズム!!」

ドラゴニュートが剣を振ると、魔力のビームのシャワーが放たれた

そのビーム一粒一粒が大爆発を起こし、シャドウは吹き飛ばされた

シャドウ「ぐあああああっ!!!」

ドラゴニュート「どうだ!」

シャドウ「フ…フフフ…やるじゃないか、ここはひとまず退散させてもらうよ」

シャドウはフッと姿を消した

千春「あのシャドウと言う人、強敵でしたね」

カイト「確かにな、しかしドラゴニュート、さっきの技凄いな」

ドラゴニュート「まあな、大技だが体への負担も大きい、現に、ほら」

フリーゼ「あ、フレイムセイバーが折れてる」

レイナ「どうやらドラゴニュートさんに合った武器を探す必要がありそうですね」

エルピーダ「それなら、伝説の剣があるって言う場所に行こうよ!」

ドラゴニュート「伝説の剣…?」

セツナ「それって、あの危険な場所でしょ?」

ドラゴニュート「どのみち、行くにしても少し休まないといけない」

カイト「そうだな」

ドラゴニュート達は戦いで受けた傷を癒す為、宿に向かった

そして、伝説の剣とは何なのか?

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第8話「迫り来るもの」

リッチ「あの人間どもめ…奴らは危険すぎる…今すぐにでも消さねば…」

シャドウ「大変そうだねぇ…四天王さん」

リッチ「貴様は人間の殺し屋か…何の用だ?」

シャドウ「俺が代わりにそいつらを消してやろうって言うんだ、いい話だろう?」

リッチ「できるのか?お前に」

シャドウ「勿論、ま、任せてくれよ」

一方、ドラゴニュート達はホドの町で休んでいた

エルピーダ「疲れたね~」

エミリア「確かに、でも…」

ドラゴニュートエミリアエルピーダは人間じゃないからみんな珍しそうに見てるな」

メギド「それを言うなら私も昔は人間じゃなかったんだけどね」

千春「とりあえず、休んだらすぐに出発しましょう」

ドラゴニュート達は1日休んですぐに旅に出た

ドラゴニュート「さて、次はどこに行くんだ?」

フリーゼ「次は、セントブルグ王国だね」

カイト「そこはどんなところなんだ?」

レイラ「大きな城下町で、色んなものがあるんだよ」

カイト「へ~、楽しみだな」

すると、前から何者かが現れた

ドラゴニュート「何だお前は?」

シャドウ「俺はシャドウ、魔王軍の雇われ殺し屋さ」

千春「聞いた事があります、どんな獲物でも必ず仕留める凄腕の殺し屋がいると」

シャドウ「こんな女の子にまで知られてるなんて、俺って有名人?」

レイナ「で、私達の前に現れたと言う事は、私達を殺すつもりですね?」

シャドウ「ピンポーン、正解」

そう言ってシャドウはエビルライトニングの呪文を唱えた

黒い雷がドラゴニュートを襲う

だが、ドラゴニュートは間一髪回避した

ドラゴニュート「何すんだ!!」

シャドウ「何って、獲物を仕留めるだけさ」

幸音「何て奴なの…!」

シャドウ「女の子達は、俺の言う事を聞いたら助けてあげてもいいよ?」

千春「ふざけないでくださいッ!!」

セツナ「そうそう、私達はそこまで弱くないわよ!!」

シャドウ「や~れやれ、できれば傷つけたくないんだけどな…」

すると、シャドウは一度に複数のエビルライトニングを放った

その電撃はドラゴニュート達を襲った

カイト「何だ今の技は!?」

シャドウ「エビルライトニングバースト、一度に複数のエビルライトニングを放つ大技さ」

エニル「一度に複数の呪文を唱えるなんて…!!」

エルピーダ「なら、あの技で行こう!!」

フリーゼ「うん!!」

エニル「分かりました!!」

エルピーダ、フリーゼ、エニルの3人は同時にドンナーの呪文を唱えた

3つの落雷がシャドウを襲った

シャドウ「ぐわあああっ!!」

エルピーダ「これならどう!?」

しかし、シャドウはまだ生きていた

千春「あれを食らって生きてるなんて…!!」

ドラゴニュート「生命力も化け物かよ!?」

大技を食らったシャドウはかなり怒っている様子であった

シャドウ「このゴミ虫め…!もう許さんぞ…!!」

果たして、ドラゴニュート達はシャドウに勝てるのか…!?

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第7話「反撃開始!」

前回、ドラゴニュート達は魔王軍配下の魔物の大群と戦う事になった

フリーゼ「ざっと50はいるみたいだね…」

エルピーダ「じゃあ、一気に決めちゃおうよ!」

エルピーダはエクスプロージョンの呪文を唱え、

爆発で広範囲を攻撃した

だが、魔王の力でパワーアップした魔物たちには以前の様な効き目はなく、

3体を倒しただけであった

幸音「以前ならエクスプロージョン1発で7体は行けたんだけどね~」

すると、イビルアイが空中から怪光線を放ってきた

その攻撃をカイトはハイパーソードで受け流した

カイト「くそっ!あの目玉野郎!!」

カイトはマスターガンでイビルアイを撃ち落とした

一方のドラゴニュートは、黒い殻で覆われたダークビートルと戦っていた

ドラゴニュート「こいつ固いぞ!」

すると、横から一本角の生えた狼、オーガウルフが襲って来た

ドラゴニュート「くっ!キリがない!」

ドラゴニュートは大技であるディメンジョンバスターを放った

その衝撃でダークビートルとオーガウルフは倒された

千春「ドラゴニュートさん!その技威力が高すぎてスカートが捲れるのでやめてください!」

ドラゴニュート「ご…ごめん…」

一方、メギドも大技で敵を倒そうとしていた

メギド「行くわよ!メギドフレイム!!」

メギドフレイムで魔物を10体ぐらい消し炭にしたメギドに続いて、

エミリアとレイナも攻撃魔法を唱えた

エミリア「アイシクルバースト!!」

レイナ「リボルバー!!」

巨大な氷柱で攻撃する魔法のアイシクルバーストは数体の魔物を貫き、

強力な火柱で攻撃するリボルバーは、魔物の大群を焼き尽くした

そして、他の仲間達の協力もあり、魔物は残り5体となった

ドラゴニュート「一気にケリをつけるか!」

カイト「そうだな!」

ドラゴニュートは突風の竜巻で攻撃する魔法、エウロスウインドを唱えて攻撃した

一方のカイトは破壊ブラスターで攻撃した

そして、その攻撃は残りの魔物を全て倒した

千春「私達の勝ちですね!」

レイラ「そうね、勝ったみたいね」

エルピーダ「やったぁ!!」

こうして、ドラゴニュート達は魔物の大群を蹴散らし、勝利を収めた

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第6話「魔王軍の脅威」

ドラゴニュート達は魔王軍討伐の為、旅をする事にした

千春「でも…魔王城ってどこにあるんですかね?」

フリーゼ「それは私達も知らないなぁ…」

セツナ「何でも昔この世界にあった魔王城は崩れちゃったらしいからね」

カイト「まあ、見つけ次第潰す、これでいいだろ」

レイラ「それが一番かもね!」

すると、ドラゴニュート達の前に何かが現れた

千春「誰ですか?」

リッチ「俺は魔王軍四天王の1人、リッチだ!」

ドラゴニュート「四天王!?」

幸音「でも、弱そうだね」

リッチ「小娘、この俺を甘く見ていると痛い目に会うぞ?」

幸音「だったら見せてみなさいよ、どれぐらい強いか」

リッチ「言われなくても見せてやる!ギガファイア!!」

ギガファイアは上級炎魔法であり、その威力は圧倒的、

大きな火の玉がドラゴニュート達を襲った

ドラゴニュート「うわぁーっ!!」

レイナ「きゃあああっ!!」

リッチ「ひっひっひ、いいザマだぜ」

千春「中々やりますね!」

リッチ「おや、1匹攻撃をかわしていたか、ひっひっひ」

エミリア「千春ちゃん、大丈夫?」

千春「大丈夫です!私は剣だけじゃなく、魔法も得意なんですよ」

リッチ「偉そうな小娘め!覚悟しろ!」

千春「行きますよ!ウインドリッパー!!」

風のカッターがリッチを襲う、だが、リッチは間一髪回避した

リッチ「当たったら即死だった、危ねえ危ねえ…」

千春「アイシクルアロー!!」

氷柱がリッチを襲う、今度は回避できず、命中した

リッチ「ぐわあああっ!!」

エルピーダ「押してる!」

リッチ「この野郎!こうなったら俺は部下に任せてとんずらするぜ!」

リッチは部下のモンスターを大量召喚して撤退した

カイト「卑怯なガイコツ野郎だ!!」

ドラゴニュート「でも、戦わないとな…」

千春「無茶です!そんなお体で…」

ドラゴニュート「女の子1人に任せておねんねしてる場合じゃないからな…」

メギド「それに、この程度の怪我で倒れるほど、私達は弱くない!」

千春「皆さん…」

ドラゴニュート「さあ!反撃開始だ!!」

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第5話「蒼き剣士」

前回、カイスマ界からカイトがやって来た

ドラゴニュート「カイトじゃないか、何故ここに?」

カイト「お、ドラゴニュート、久しぶりだな、で、ここどこ?」

ドラゴニュート「それが分かれば苦労しないよ…」

セツナ「ねえ、あの人誰?」

ドラゴニュート「ん?カイトだよ、1年前の戦いで一緒に戦ってくれた仲間さ」

レイナ「カイスマ界に行った時でしたよね、確か」

カイト「そうそう、てかドラゴニュートちょっと年取った?」

ドラゴニュート「あれから1年も経ったからな」

カイト「マジで?こっちは1ヵ月ちょいだけど…」

エミリア「そっちとこっちとは時間の経過が違うのかな?」

千春「多分ですけど、この世界とドラゴニュートさん達、そしてカイトさんのいた世界は全く別の世界じゃないですか?だから経過時間も違うとか」

カイト「その可能性大だな」

幸音「って事は、ここでノコノコしてたら元の世界では時間が経過しまくるって事か…」

ドラゴニュート「マジかよ、そりゃヤバいな…」

すると、ドラゴニュート達の前に3匹のグリンワイバーンが現れた

グリンワイバーン「ギャオオオッ!!」

メギド「グリンワイバーンが3匹も!?」

カイト「ここは俺に任せてくれ!」

ドラゴニュート「大丈夫か?」

カイト「もちろん!一気に倒してやる!!」

グリンワイバーンは3匹同時に炎を吐いた、

だが、カイトは高く跳び、破壊ブラスターを放った

カイト「食らえ!破壊ブラスター!!」

破壊ブラスターは1匹のグリンワイバーンに命中し、

グリンワイバーンは大爆発を起こした

千春「まずは1匹ですね!」

地面に着地したカイトは続けてファイヤーキックを放った

カイト「ファイヤーキーーーック!!」

ファイヤーキックはグリンワイバーンクリティカルヒットし、

グリンワイバーンはそのまま遠くに吹っ飛ばされ、倒された

フリーゼ「続けて2匹ね!」

最後の1匹に対しては一気に懐まで飛び込み、スパークパンチで攻撃した

カイト「スパークパー-ンチ!!」

その拳の一撃に吹き飛ばされたグリンワイバーンは一撃で倒された

エルピーダ「一瞬で3匹も倒した!」

カイト「まあ、準備運動程度にはいいかな、最近体なまってたし」

ドラゴニュート「相変わらずだな、ったく」

カイト「そう言うドラゴニュートは最近体動かしてるか?」

ドラゴニュート「悪いけど、あの戦いの後ずっとアニメと特撮観てた」

レイナ「その割にはあまりなまってないみたいだけど?」

ドラゴニュート「毎日自転車で移動していたからな」

カイト「なるほど…」

ドラゴニュート「ところで、これからカイトはどうするんだ?」

カイト「お前に付いて行くよ、それがいいって俺の感が言ってる」

ドラゴニュート「そうか、これからよろしくな!」

カイト「おう!」

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第4話「緑の龍」

ドラゴニュート達は魔物の少女であるエルピーダと共に行動を開始した

すると、エルピーダは何かを発見した

エルピーダ「んっ?何かいるよ」

ドラゴニュート「何だ?俺にはよく見えん」

エルピーダ「ほらっ!あそこ!何か光ってる!」

その方向を見ると、草原の方で何かが光っていた

メギド「多分だけど、炎か何かでしょうね、私の体がそう感じてる」

すると、その光の方から少女の悲鳴が聞こえてきた

レイナ「悲鳴!?」

ドラゴニュート「行ってみよう!!」

その悲鳴の方へ全速力で向かうと、2メートルほどの緑のワイバーンが、

4人の少女を戦闘不能に追い込んでいた

フリーゼ「つ…強い…!」

レイラ「このままじゃ…やられちゃう…!」

ドラゴニュート「大丈夫か!?」

エニル「あ、旅人の方ですか?」

セツナ「助けて…このままじゃ…」

ドラゴニュート「分かった、何とかする」

フリーゼ「ありがとう、でも気を付けて、あのグリンワイバーンはめっちゃ強いよ?」

ドラゴニュート「そんな事、百も承知だ」

ドラゴニュートはスモールソードを手に取り、剣先に雷球を生成した、

そして、そのままグリンワイバーンに剣を突き刺した

ドラゴニュート「食らえっ!ライトニングストライク!!」

その威力は凄まじく、グリンワイバーンは大きな悲鳴を上げていた

ドラゴニュート「もっと電気を送ってやる!!」

ドラゴニュートはグリンワイバーンに剣を突き刺したまま、

電気エネルギーを剣先に送った

すると、グリンワイバーンは更に悲鳴を上げた

約10秒ほど経った頃、グリンワイバーンは力尽きて倒れた

ドラゴニュート「何とか倒したな…」

レイナ「でも、その剣…」

ドラゴニュート「あっ…」

ドラゴニュートの装備していたスモールソードは、

電気エネルギーの送りすぎですっかり朽ち果てていた

ドラゴニュート「もうこの剣は使えないな…」

フリーゼ「ねぇねぇ」

ドラゴニュート「何だ?」

フリーゼ「助けてくれたお礼に、何か剣あげようか?」

ドラゴニュート「いいのか?」

エニル「もちろんですよ、何でも選んでください」

地面には何本かの剣が並べられてた

ドラゴニュートは約1分ほど考えた際、赤い剣を選んだ

ドラゴニュート「これにする」

フリーゼ「それは属性剣のフレイムセイバーね」

ドラゴニュート「属性剣?」

セツナ「属性の宿った剣の事よ」

レイラ「結構高価な剣を選んだわね」

ドラゴニュート「高価なんだ、何か、悪いな」

フリーゼ「別にいいわよ、恩人だもん」

ドラゴニュート「ありがとう」

すると、近くに謎の光が発生した

エルピーダ「何あれ!?」

エミリア「あの光は…」

すると、その光の中からドラゴニュートの見覚えのある人物が姿を現した

カイト「ここはどこだ…?」

 

つづく

作者伝説ヒーローズ 第3話「魔王復活の予兆」

前回、魔王軍の刺客、サキュバスのサキュルスが攻撃を仕掛けてきた

ドラゴニュート達はそれに応戦するのだった

サキュルス「行くよ!!」

ドラゴニュート「ファイア!」

ドラゴニュートは下級炎魔法のファイアで迎撃した、

しかし、サキュルスの鎌であっさりと斬り払われてしまった

サキュルス「甘いよ!デススラッシュ!!」

サキュルスは鎌でドラゴニュートを攻撃したが、

ドラゴニュートはそれを回避した

幸音「下がって!私がやる!!」

幸音は炎と氷の2つの属性の剣でサキュルスを攻撃した

幸音「ダブルアトリビュートスラッシュ!!」

サキュルス「キャアアアッ!!」

サキュルスはその場に倒れ込んだ

ドラゴニュート「2つの属性で攻撃…メドローア?ラゴラスエヴォ?」

千春「何の話ですか?」

すると、サキュルスが起き上がった

メギド「まだやる気?」

サキュルス「今回はこれぐらいにしておいてあげるわ」

千春「負け惜しみですか?」

サキュルス「私は倒せても、魔王様は倒せないわ、それに…」

レイナ「それに…?」

サキュルス「魔王軍にはあなた達じゃ勝てない程の敵がいる、それを忘れないで」

そう言い残して、サキュルスは飛んで去って行った

エミリア「何よ、あれ、完全な負け惜しみじゃない」

千春「でも、あのサキュバスの言っていた事…何か引っかかります…」

幸音「大丈夫、ただの負け惜しみだよ、ああいう奴の言う事は大体」

すると、草原の方から助けを呼ぶ声が聞こえてきた

???「助けてーっ!!」

ドラゴニュート達がその方を見ると、人間によく似た種族の魔物の少女がいた

その少女は姿こそ人間に似てはいるが、肌の色が水色で、尻尾が生えていた

そして、その少女を追っていたのは全身が鎧の様な鱗に覆われた

巨大な蛇、アーマースネークだった

エミリア「あの子…魔物か何かかしら?」

ドラゴニュート「助けよう!!」

幸音「ええ?でも、魔物だよ?」

ドラゴニュート「魔物でも何でも関係ない!人間以外の種族なら、エミリアだってハーフエルフだ、それに魔物だから助けない何て事をすれば、またイリーガルみたいな奴が生まれるかもしれないからな」

メギド「ドラゴニュート…」

ドラゴニュートはその少女を助けに向かった

そして、素早い動きでその少女を助けた

???「ありがとう、私、エルピーダ、あなたは?」

ドラゴニュート「俺はドラゴニュートだ、でも、この状況…」

ドラゴニュートはアーマースネークに追い掛け回されていた

メギド「ドラゴニュート!伏せて!!」

ドラゴニュート「ええ!?何で!?」

メギド「いいから!!」

ドラゴニュートはメギドの言う通り、地面に伏せた

すると、アーマースネークは大きな口を開けた

そこに、メギドはメギドフレイムを放ち、アーマースネークの体内を焼き尽くして倒した

メギド「ふぅ…決まった」

ドラゴニュート「馬鹿野郎!もうちょっとで食われてたぞ!!」

メギド「ごめんごめん、でも、よかったね」

ドラゴニュート「まあな」

エルピーダ「あの蛇さん、急に凶暴になって怖かったよ…」

ドラゴニュート「…やっぱり魔王復活が影響しているようだな…」

千春「そうみたいですね…」

レイナ「でも、何でこの子は凶暴化しなかったんでしょうか?」

ドラゴニュート「それはこの子が俺達と一緒で人間の心を持ってるからじゃないか?」

千春「そうかもしれないですね」

 

つづく