クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ヒーローズ 第9話「激突」

シャドウ「食らえ!エビルライトニングバースト!!」

シャドウは複数のエビルライトニングを同時に放ってきた

ドラゴニュート「散開だ!」

ドラゴニュート達は散開し、攻撃を回避した

シャドウ「もう俺の技を攻略したつもりか?」

カイト「まさか、まだ大技があるのか!?」

シャドウ「あるんだなぁ、これが!」

シャドウは複数のエクスプロージョンを同時に放ってきた

辺り一面は大爆発を起こし、ドラゴニュート達は吹き飛んだ

千春「キャアアアッ!!」

レイラ「うぐぅっ!!」

シャドウ「ハッハッハッハッハ!愉快だぜ」

メギド「くっ!何て威力なの!」

シャドウ「さて…そろそろトドメを刺してやるか」

ドラゴニュート「まだだ!まだ終わってない!!」

シャドウ「いい加減諦めろよ」

ドラゴニュート「みんなの魔力を俺に貸してくれ!試してみたい技がある!」

エルピーダ「うん!分かった!」

すると、エルピーダ達はドラゴニュートに対し、魔力を分け与えた

シャドウ「ふん、その程度で俺を倒せるわけがない」

ドラゴニュート「よし!行くぞ!!」

ドラゴニュートは剣を構え、剣に魔力を集めた

シャドウ「ッ!!これは…!!」

ドラゴニュート「食らえッ!!セヘルアルハズム!!」

ドラゴニュートが剣を振ると、魔力のビームのシャワーが放たれた

そのビーム一粒一粒が大爆発を起こし、シャドウは吹き飛ばされた

シャドウ「ぐあああああっ!!!」

ドラゴニュート「どうだ!」

シャドウ「フ…フフフ…やるじゃないか、ここはひとまず退散させてもらうよ」

シャドウはフッと姿を消した

千春「あのシャドウと言う人、強敵でしたね」

カイト「確かにな、しかしドラゴニュート、さっきの技凄いな」

ドラゴニュート「まあな、大技だが体への負担も大きい、現に、ほら」

フリーゼ「あ、フレイムセイバーが折れてる」

レイナ「どうやらドラゴニュートさんに合った武器を探す必要がありそうですね」

エルピーダ「それなら、伝説の剣があるって言う場所に行こうよ!」

ドラゴニュート「伝説の剣…?」

セツナ「それって、あの危険な場所でしょ?」

ドラゴニュート「どのみち、行くにしても少し休まないといけない」

カイト「そうだな」

ドラゴニュート達は戦いで受けた傷を癒す為、宿に向かった

そして、伝説の剣とは何なのか?

 

つづく