クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ヒーローズ 第7話「反撃開始!」

前回、ドラゴニュート達は魔王軍配下の魔物の大群と戦う事になった

フリーゼ「ざっと50はいるみたいだね…」

エルピーダ「じゃあ、一気に決めちゃおうよ!」

エルピーダはエクスプロージョンの呪文を唱え、

爆発で広範囲を攻撃した

だが、魔王の力でパワーアップした魔物たちには以前の様な効き目はなく、

3体を倒しただけであった

幸音「以前ならエクスプロージョン1発で7体は行けたんだけどね~」

すると、イビルアイが空中から怪光線を放ってきた

その攻撃をカイトはハイパーソードで受け流した

カイト「くそっ!あの目玉野郎!!」

カイトはマスターガンでイビルアイを撃ち落とした

一方のドラゴニュートは、黒い殻で覆われたダークビートルと戦っていた

ドラゴニュート「こいつ固いぞ!」

すると、横から一本角の生えた狼、オーガウルフが襲って来た

ドラゴニュート「くっ!キリがない!」

ドラゴニュートは大技であるディメンジョンバスターを放った

その衝撃でダークビートルとオーガウルフは倒された

千春「ドラゴニュートさん!その技威力が高すぎてスカートが捲れるのでやめてください!」

ドラゴニュート「ご…ごめん…」

一方、メギドも大技で敵を倒そうとしていた

メギド「行くわよ!メギドフレイム!!」

メギドフレイムで魔物を10体ぐらい消し炭にしたメギドに続いて、

エミリアとレイナも攻撃魔法を唱えた

エミリア「アイシクルバースト!!」

レイナ「リボルバー!!」

巨大な氷柱で攻撃する魔法のアイシクルバーストは数体の魔物を貫き、

強力な火柱で攻撃するリボルバーは、魔物の大群を焼き尽くした

そして、他の仲間達の協力もあり、魔物は残り5体となった

ドラゴニュート「一気にケリをつけるか!」

カイト「そうだな!」

ドラゴニュートは突風の竜巻で攻撃する魔法、エウロスウインドを唱えて攻撃した

一方のカイトは破壊ブラスターで攻撃した

そして、その攻撃は残りの魔物を全て倒した

千春「私達の勝ちですね!」

レイラ「そうね、勝ったみたいね」

エルピーダ「やったぁ!!」

こうして、ドラゴニュート達は魔物の大群を蹴散らし、勝利を収めた

 

つづく