クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第23話「TAKE ME HIGHER」

ドラゴニュート「うわあああああっ!!」

(地中より現れたスーパージェノサイドザウルスは、地上を次々と火の海に変えた)

ダイゴ「くっ!このままじゃ被害が増える一方だ!」

ホリイ「アートデッセイ号は今メンテナンス中やし、こら万事休すやな」

レナ「でもこのままあいつを放っておくわけにもいかないでしょ?」

シンジョウ「だが、こちらの携行武器は一切あいつに効かない、一体どうすれば…」

ドラゴニュート「俺に任せてくれ!」

ダイゴ「無茶だよ、君」

ドラゴニュート「大丈夫!」

(ドラゴニュートはカイトのカードをディーヴァに挿入した)

ディーヴァシステム音「カイト、ロード」

ドラゴニュート「うおおおおおおっ!!」

ゴッドドラゴニュート「超覚醒、ゴッドドラゴニュート!!」

(スーパージェノサイドザウルスはゴッドドラゴニュート向けて破壊光線を放った、しかし、ゴッドドラゴニュートは無傷だった)

ゴッドドラゴニュート「そんなガラクタでなぁ!勝てる訳ねえだろ!!」

メギド「何か…気性荒くなってない…?」

エミリア「確かに…」

レイナ「多分、あのカードの効果なんでしょう…」

ゴッドドラゴニュート「地に這いつくばって消えてもらう!食らえ!乙女抜刀剣!!」

(乙女抜刀剣を食らったスーパージェノサイドザウルスは、チリ一つ残さず消滅した)

ゴッドドラゴニュート「フフフ…勝った…勝ったぞ…」

エミリアドラゴニュート!!」

ドラゴニュート「あれ?俺、何かしてた?」

レイナ「覚えてないんですか?さっきゴッドドラゴニュートに変身して…」

メギド「あ!分かった!私がかけたシステム停止光線の効果がまだ残ってたんだ」

レイナ「だから、ディーヴァが誤作動を起こしたんですね…」

ドラゴニュート「何か知らないけど、あいつを倒せてよかった…」

ダイゴ「ありがとう、えーっと…」

ドラゴニュートドラゴニュートだ!」

ダイゴ「ドラゴニュート、ありがとう」

ドラゴニュート「へへ…」

レイナ「!!大変です!!」

ドラゴニュート「どうした?」

レイナ「ドラゴニュートさんの世界に、イリーガルが現れました!!」

エミリア「何ですって!?」

ドラゴニュート「とうとう決戦の時が来たのか…」

 

つづく!!