クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第22話「目覚めよウルトラマンティガ」

ティガ「チャッ!」

ドラゴニュートウルトラマンティガ!本物だ…!!」

(ティガはジェノサイドザウルス二代目にハンドスラッシュを放ったが、効かなかった)

ティガ「ッ!?」

ドラゴニュート「ティガ!そいつには光線技は効かない!それ以外の攻撃を放つんだ!!」

ティガ「ムッ!!」

(ティガは高くジャンプし、ウルトラかかと落としを放った、そして、ジェノサイドザウルス二代目の頭に命中した)

ジェノサイドザウルス二代目「ギャオオオッ!!」

ティガ「チャッ!!」

(ティガはウルトラブレーンチョップを放った、ジェノサイドザウルス二代目はダメージを受けた)

ジェノサイドザウルス二代目「グオオオッ!!」

(その後、ティガはジェノサイドザウルス二代目に組み付き、ウルトラヒートハッグを放った)

ジェノサイドザウルス二代目「グオオオオオ…!!」

(その後、ジェノサイドザウルス二代目は大爆発を起こし、爆散した)

ドラゴニュート「やったぁ!!」

(そして、ティガは空の彼方へと去って行った)

エミリア「あのティガってウルトラマン、かっこいいわね」

ドラゴニュート「だろ?かっこいいんだよなぁ…」

レイナ「ドラゴニュートさんってば、まるで恋をした女の子みたいですね…」

メギド「まあ、いいんじゃない?けっこう女の子みたいだし、私も初めて見た時一瞬女だと思ったし」

ドラゴニュート「何か言ったか?」

レイナ「いえ、何も」

ダイゴ「君達、大丈夫だったかい?」

レイナ「キャー!誰このイケメン!!」

ダイゴ「え!?」

ドラゴニュート「GUTSのマドカ・ダイゴ隊員だよ」

ドラゴニュート「(そして、ウルトラマンティガの変身者でもある人だ)」

レイナ「ちょっとちょっと!超かっこいいんですけど!!」

メギド「わ…分かったからちょっと落ち着きなよ、この人も困ってるじゃん…」

ダイゴ「は…はは…」

ドラゴニュート「まあ、かっこいいのは当たり前だよな、なんせあの有名アイドルグループのジャ…」

エミリア「ストップ!それ以上はあの事務所の圧力でこの小説が消される可能性があるわ」

ドラゴニュート「そ…そうだな…、後メタいな」

ホリイ「何やダイゴ、えらくモテてるやないか」

シンジョウ「俺と同じ墜落コンビで俺よりモテるとか、羨ましいな、このっ!」

レナ「全く、ダイゴったら、こんなかわいい女の子4人といちゃついて…」

ダイゴ「ごめんって、レナ」

ドラゴニュート「後、俺は男だ」

レナ「そうなの!?」

ホリイ「てっきり女やと思ったで…」

ドラゴニュート「これももう定番ネタだな…」

(その時、大きな揺れが起こった)

ドラゴニュート「!!何が起きてるんだ!?」

ホリイ「何や何や!?」

(その時、地中からスーパージェノサイドザウルスが現れた)

スーパージェノサイドザウルス「ギャオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!」

ドラゴニュート「ジェノサイドザウルス!?」

レイナ「の、強化版でしょうか…」

ホリイ「あかん!逃げるで!!」

ドラゴニュート「三十六計逃げるが勝ちだ!!」

 

つづく