クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第20話「Revolution」

ドラゴニュート「うぅっ…」

メギド「そろそろトドメを刺してあげるわ」

エミリアドラゴニュート!立って!!」

レイナ「ドラゴニュートさん!!」

ドラゴニュート「お前、迷ってるだろ」

メギド「えっ!?」

ドラゴニュート「今のメギドフレイム、当てようと思えば俺に当てれた、けど、お前はその迷いのせいか外してしまった、違うか?」

メギド「そ…そんな事あるわけないじゃない!何で私が…」

ドラゴニュート「やっぱり、迷ってるな」

メギド「ち…違うわよ!迷ってなんか…迷ってなんか…」

ドラゴニュート「じゃあ、その目から流れてるものは何だ」

メギド「えっ?やだ、私ったら、何で泣いてるのよ…」

ドラゴニュート「お前、何かあったんだろ?よかったら聞かせてくれよ」

エミリアドラゴニュート、何を…」

メギド「………妹を…フィンブルをこの手で殺したの…お姉様からの命令だったの、逆らったら、自分の命も危なかった、だから…だから仕方なかったの!!」

ドラゴニュート「…それは、辛かったな」

メギド「私は、フィンブルの事が好きだった、けど、お姉様はそのフィンブルを殺せと命じた…私、どうすればいいか…」

真司「そんなの迷う事ねえだろ!そのお姉様って奴と戦えばいいじゃねえか!!」

メギド「え?」

蓮「この馬鹿の言う通りだ、お前が悪いと思う奴と戦えばいい」

メギド「私が…お姉様と…」

ドラゴニュート「メギド、お前はどうしたいんだ?」

メギド「私は…お姉様を許せない…だから、戦う!」

ドラゴニュート「OK!じゃあ、行こうぜ!戦いに」

メギド「うん!」

真司「何かよく分からないけど、頑張れよ!」

ドラゴニュート「ああ!」

レイナ「さて、行きましょう、次の世界へ」

ドラゴニュート「分かった!」

 

つづく