クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第15話「僕たちの行方」

シン「撃ち落としてやる!!」

(インパルスはビームライフルを撃った、しかし、回避された)

フィンブル「大した事なさそうね」

シン「クソォ!アイツ!!」

ハイネ「そう熱くなるなって、シン、あまり熱くなりすぎると状況が判断できなくなるぞ?」

シン「すみません」

フィンブル「アイシクルバレット!!」

(フィンブルはアイシクルバレットを放った、シンたちは回避した)

シン「氷の弾丸?」

アスラン「氷なら実弾だから、食らってもフェイズシフトで軽減できるが、できるだけ当たらないようにな、シン」

シン「分かってますよ」

(一方、ミネルバの外で待機しているドラゴニュート達は…)

ドラゴニュート「もうドンパチやってるな…」

エミリアドラゴニュート、どうする?」

ドラゴニュート「どうするったって、援護できないじゃん、モビルスーツないし…」

レイナ「カイスマ界で入手したカードを使ってゴッドドラゴニュートになればいいのでは?」

ドラゴニュート「ああ、あれか!よし!早速使うぞ!!」

(そしてシン達…)

フィンブル「落ちろ!アイシクルアロー!!」

ハイネ「やべっ!うわあああああっ!!」

シン「ヴェステンフルス隊長!!」

ハイネ「だ~か~ら~、ハイネだって、どうやら俺もここまでみたいだ…」

アスラン「ハイネーーーッ!!」

ゴッドドラゴニュート「諦めるな!!」

(ゴッドドラゴニュートは墜落するグフイグナイテッドを受け止めた)

ハイネ「お前…」

(ゴッドドラゴニュートグフイグナイテッドミネルバの格納庫に持ち込んだ)

ハイネ「助かったぜ、生きて帰ったら礼させてくれよな」

ゴッドドラゴニュート「ああ!」

シン「あの人…いい人みたいだな…」

ゴッドドラゴニュート「気付くのが遅いぜ…まあ、まずはあいつを倒さないと!!」

フィンブル「やっと来ましたね、ドラゴニュート

ゴッドドラゴニュート「どうやらそっちにも名を知られてるっぽいな」

フィンブル「もちろんです、私達の邪魔をことごとくしてきたお邪魔虫ですよね」

ゴッドドラゴニュート「俺は虫か!まあいい、ここでお前を倒せばいいだけだ!」

フィンブル「私に勝てると思ったら大間違いですよ!!」

ゴッドドラゴニュート「行くぞ!破壊光線!!」

フィンブル「フィンブルブリザード!!」

(破壊光線とフィンブルブリザードは相殺し、大爆発が起こった)

ゴッドドラゴニュート「中々やるな…」

フィンブル「そちらこそ」

 

つづく