クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第14話「Life Goes On」

タリア「あなた達ね?勝手にミネルバに乗り込んだ民間人は」

ドラゴニュート「すみません…ですが、この世界は狙われているんです!」

アーサー「狙われている?誰に?」

レイナ「この世界を滅ぼそうとしている強大な存在にです」

ハイネ「信じられないね…地球にいる人間とかならジェネシスで死滅させる事できるけど、世界でしょ?世界って言ったら宇宙も入るって事でしょ?そんな技術力、この世界全体を探しても見つからないな」

レイナ「その強大な存在と言うのは、こことは別の世界にいます」

メイリン「別の世界の人間!?」

ルナマリア「まさか、あなた達も…」

エミリア「そうよ、私達はこことは違う世界の人間なの」

シン「そんな妄想、信じられるか!!」

ドラゴニュート「いや、妄想じゃないんだって」

アスラン「とにかく、君達はそいつらからこの世界を守る為に来たって事か?」

ドラゴニュート「そう言う事だ」

ハイネ「けど、この世界は十分戦力が揃ってる、仮にそんな奴が来てもきっと倒せるさ」

レイナ「それがそうもいかないんです、その存在は戦っている相手の総戦力以上の戦闘能力になる能力を持っています」

ルナマリア「そんな…!!」

ドラゴニュート「けど大丈夫だ、俺の持っているディーヴァで何とかなる」

ハイネ「ディーヴァって、戦艦みたいな名前だけど、その剣の事か?」

ドラゴニュート「そうだよ」

レイ「みなさん、いつまで妄想に付き合ってるつもりですか?」

アスラン「レイ!この人達は貴重な情報をくれているんだぞ?」

(その時、爆発音がした)

メイリン「きゃあっ!!」

タリア「何事なの!?」

メイリン「この艦の前方に何かいます!これは…!翼の生えた人間です!!」

シン「何だって!?」

ハイネ「翼の生えた人間ねぇ…どこかの戦艦より大天使さまじゃん」

ドラゴニュート「違う!あいつらは悪魔だ!様々な世界を滅ぼした悪魔だ!!」

アスラン「何て奴だ…艦長!モビルスーツの発進許可を!!」

タリア「分かったわ、発進許可を出します、ただし、相手の戦力は未知数なので、気を付けて」

アスラン「了解!」

ドラゴニュート「あの…俺達は…?」

タリア「あなた達はもしもの時の為に艦の外で待機しておいて」

ドラゴニュート「了解!って、艦の外ってどうやって行くんだ?」

(一方、その頃)

フィンブル「あれがミネルバね…大した事なさそう」

シン「よし、インパルスに合体完了したぞ、あいつが敵だな!?俺が薙ぎ払ってやる!!」

 

つづく