クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第11話「クロム自警団出陣!」

クロム「そこをどけっ!!」

ペレジア兵F「ぐはっ!!」

ルフレ「エルサンダー!!」

ペレジア兵G「ぎゃあああっ!!」

ルキナ「はあっ!!」

ペレジア兵H「ぐはぁっ!!」

フレデリク「そこっ!!」

ペレジア兵I「うぐあっ!!」

ソール「今だっ!!」

ペレジア兵J「うわあああっ!!」

ペレジア兵隊長「てめえら!調子乗るなよ!!」

クロム「お前が敵の大将か!!」

ルフレ「行くぞクロム!!」

クロム「俺に合わせろっ!!」
クロム&ルフレ「はあああああっ!!」

ルフレ「ボルガノン!!」

クロム「喰らえええええっ!!!」

(ドゴオオオオオオオン!!!)

ペレジア兵隊長「ぬわーーっっ!!」

ドラゴニュート「助かったよ、ありがとう」

クロム「君達か弱い女性達を守れてよかった…」

ドラゴニュート「だから俺は男だってば」

クロム「おっと、失礼した」

エミリア「もう、ドラゴニュートったら、髪切れば?」

ドラゴニュート「嫌だ、だって長い方がいいもん」

レイナ「強情ね」

ルフレ「ところで、君達はどうしてこんな所に?」

ドラゴニュート「ああ、実は俺達はこの世界を救いに来たんだ」

ルキナ「!救いに来た?」

ドラゴニュート「ああ、実は、この世界はもうすぐ滅ぶんだ」

ルキナ「やはり…」

ガイア「冗談じゃないぜ…甘い物が食べられなくなるじゃねえか…」

ドラゴニュート「だから、俺達が救いに来たんだ」

ルキナ「助かります、では、共に…」

???「てめえ、調子乗るなよ!!」

ドラゴニュート「!!お前誰だ!?」

魚屋のおっさん「俺は、魚屋のおっさんだ!!」

ドラゴニュート「…はぁ?」

レイナ「!!皆さん、気を付けてください!あいつは名前こそふざけてますが、あのイリーガル達の部下です!!」

ドラゴニュート「何ッ!?」

魚屋のおっさん「てめえらを血祭りに上げてやる!!」

クロム「誰かは知らんが、誰一人として死なせる訳にはいかない!!」

ドラゴニュート「そうだ!この世界は滅ぼさせない!!」

魚屋のおっさん「フン、だったらここで楽にしてやろう!!」

ドラゴニュート「喰らえっ!!」

(ドラゴニュートは魚屋のおっさんに斬りかかった、しかし、魚屋のおっさんはいつの間にかドラゴニュートの背後に回り込んでいた!!)

ドラゴニュート「何ィッ!?」

魚屋のおっさん「後ろががら空きだっ!!殺人キック!!」

ドラゴニュート「ぐあっ!!」

エミリアドラゴニュート!!」

レイナ「ドラゴニュートさん!!」

クロム「クッ!貴様ぁ!!」

(クロムは魚屋のおっさんに斬りかかった、しかし、またしても魚屋のおっさんはクロムの背後に回り込んでいた!!)

魚屋のおっさん「何度やっても無駄無駄!!殺人パーンチ!!」

クロム「ぐああっ!!」

ルフレ「クロム!!」

ルキナ「お父様!!」

魚屋のおっさん「ハハハハハ!今日が貴様らの最後の日だ!!」

ドラゴニュート「クッ!!」

 

つづく