クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第10話「ペレジア兵との戦い」

前回、ファイアーエムブレム覚醒の世界にやって来たドラゴニュート達、

しかし、ペレジア兵に襲われるのだった…

ドラゴニュート「おいおい…これはまずいのでは…?」

エミリア「ねえ、レイナ、これって戦った方がいいかしら?」

レイナ「いいんじゃない?私だって痛いのは嫌だし…」

ドラゴニュート「じゃあ、遠慮なく行くぞ!でりゃあああ!!」

(ドラゴニュートはディーヴァで斬りかかった)

ペレジア兵A「ぐわあああっ!!」

レイナ「ファイアブレード!!」

(レイナはファイアブレードを放った)

ペレジア兵B「ぐはあっ!!」

ペレジア兵C「おのれ…中々やるな…」

ペレジア兵D「おい、何か変な音がしたが大丈夫か?」

ドラゴニュート「げっ!増援!?」

レイナ「シミュレーションゲームではよくある展開ね」

エミリア「ちょっと、何とかしてよぉ…」

ドラゴニュート「任せろ!新技放ってやる!!」

レイナ「新技!?」

ドラゴニュート「喰らえ!ディメンジョンバスター!!」

(ドラゴニュートはディメンジョンバスターを放った!激しい衝撃波が辺り一帯に広がる!!)

ペレジア兵部隊「ぐわああああああっ!!!」

エミリア「キャッ!スカート捲れたっ!!」

レイナ「私も…」

ドラゴニュート「何かごめん、でも、これであいつらは倒したぞ…」

ペレジア兵E「何だ今の衝撃は!って、みんなやられてる!?」

ドラゴニュート「(^^;)」

レイナ&エミリア「(^^#)」

ペレジア兵F「あいつらがやったみたいだな、うん、そうに違いない」

ドラゴニュート「三十六計逃げるが勝ち!みんな!逃げるぞ!!」

レイナ「誰のせいだと思ってるんですか!!」

エミリア「いいから!逃げよ!!」

ペレジア兵G「追えーーーーーッ!逃がすなーーーーーッ!!」

ドラゴニュート「ひいいいいいいいいっ!!!」

レイナ「何で私達がこんな目に…」

エミリア「私達はこの世界を救いに来たのにね」

ドラゴニュート「ごめんなさい」

(その時、どこからともなく一筋の剣筋が放たれた!!)

ペレジア兵E「ぐはぁっ!!」

レイナ「何!?」

ドラゴニュート「あ…あれは…!!」

クロム「大丈夫か?」

ドラゴニュート「だ…大丈夫だ…」

レイナ「か…かっこいい…///」

ドラゴニュート「お…おい、レイナ?」

ルフレ「大きな音が聞こえたから何が起きたか見に来たら、まさか一般人が襲われているとはね…」

ルキナ「しかしこの方たち、変わった服装をしていますね」

フレデリク「しかも女性の方が3人とは…」

ドラゴニュート「いや、俺は男だ」

フレデリク「おっと失礼…」

クロム「さあ!みんな行くぞ!!」

 

つづく