クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第6話「カイスマメンバーとの特訓!」

ドラゴニュート「(今の俺の力じゃ、世界を守れない…俺はもっと強くならないといけない…)」

カイト「何を悩んでるんだ?」

ドラゴニュート「いや、俺はまだまだ弱い、だから、強くなりたいなって」

カイト「なら、特訓しようぜ!」

ドラゴニュート「特訓か?」

カイト「ああ!ドラゴンボールみたいな特訓をするんだよ」

ドラゴニュート「めっちゃきつそうだけど、やるしかないな!」

(その後…)

ドラゴニュート「で、戦いの相手はお前か?」

ダークカイト「ああ、かかってこい、ぶっ飛ばしてやる」

ドラゴニュート「行くぞッ!!」

(ダークカイトはドラゴニュートの攻撃を切り払った)

ダークカイト「踏み込みが足りんッ!!」

ドラゴニュート「クッ!」

ダークカイト「まさかその程度とは言わないだろうな?フッフッフ…」

ドラゴニュート「(何か手を考えないと…そうだ!高速で攻撃できれば…!)」

ドラゴニュート「うおぉぉぉぉぉぉぉッ!!!」

(ドラゴニュートは疾風の如きスピードで斬撃を放った)

ダークカイト「何ッ!?クッ!!」

(だが、ダークカイトは全て切り払った)

ドラゴニュート「クッ!惜しかったな…だが、今の技は…」

レイナ「ドラゴニュート、もしかして今あの技を編み出したの…?」

ドラゴニュート「え?ああ、そうだよ、高速で攻撃できればと思ったら、知らずの内にあの技を…」

レイナ「疾風の如き斬撃…すなわち、ゲイルスラッシュと言った所かしら?」

ドラゴニュート「ゲイルスラッシュか…いい名前だ…」

ダークカイト「おいおい、今ので俺に勝ったつもりか?」

ドラゴニュート「まだまだッ!!」

ダークカイト「シャドーボール!!」

(ダークカイトは暗黒の球、シャドーボールを放った!)

ドラゴニュート「(風を感じれば…さっきの様な技を…ッ!!)」

(ドラゴニュートは真空波を放ち、シャドーボールを迎撃した!)

ダークカイト「何ッ!?」

ドラゴニュート「できた!何か真空波を放てたぞ!!」

エミリア「サイクロンエッジ、何て名前はどう?」

ドラゴニュート「サイクロンエッジか、いい名前だ」

サルマン「ダークカイトの奴、全然いい所ないな」

レオナルド「いつもいつもいい所ばかりだから、たまにはいいんじゃね?」

ダークカイト「何だと?(ギロッ)」

サルマン&レオナルド「す…すみません…」

ダークカイト「さあ!さっきの続きを始めるぞ!ロン毛ドラゴニュート!!」

ドラゴニュート「もちろんだ!中二病!!」

(その時、ドラゴニュートとダークカイト向けて火球が放たれた)

ダークカイト「ッ!!よけろ!!」

ドラゴニュート「え?って、うわあああ!!」

(何とか回避した)

レイナ「今の攻撃は…!まさか…メギド…!?」

メギド「そうよ、久しぶりね、レイナ」

ドラゴニュート「あいつは…!?」

レイナ「あいつは、暗黒三姉妹の一人、メギドよ」

カイト「まさか、お前らが敵対してる相手か?」

レイナ「そうよ、まさかこんな早くにこの世界に来るなんて…!」

メギド「ふふっ…さあ、覚悟してね?」

 

つづく