クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

作者伝説ワールド 第4話「激闘!ウルトラマンVSジェノサイドザウルス!!」

ドラゴニュート「頑張れ!ウルトラマン!!」

ウルトラマン「ヘアッ!!」

(ウルトラマンはジェノサイドザウルスにパンチやキックを放った!

しかし、ジェノサイドザウルスには全く効果がない!)

エミリア「ねぇ…あれ、効いてなくない?」

レイナ「確かに効いてないわね…」

ジェノサイドザウルス「ギャオオオオオッ!!!」

(ジェノサイドザウルスは破壊光線を吐いた!ウルトラマンは吹っ飛んだ!!)

ウルトラマン「ウワアアアッ!!」

フジ「ウルトラマン!!」

アラシ「おい!ありゃまずいぞ!!」

ドラゴニュート「何とかならないのか?レイナ、あれじゃウルトラマンが…」

レイナ「ドラゴニュートさん!こういう時は、あなたの剣の出番です!」

ドラゴニュート「俺の剣…ディーヴァか?」

レイナ「そうです!まずはウルトラマンに剣を向けて、剣に付いているボタンを押してください!」

ドラゴニュート「分かった!」

(ドラゴニュートウルトラマンに向けて剣を向け、ボタンを押すと、緑色のビームが発射された)

ドラゴニュート「何だこりゃ?」

レイナ「キャプチャービームですよ、これでウルトラマンの力の宿ったカードを複製するんです」

ドラゴニュート「なるほど」

(そして、ウルトラマンの力の宿ったカードが完成した)

ドラゴニュート「凄い力を感じるぞ…」

レイナ「そして次、完成したカードをディーヴァのカードスロットに入れてください!」

ドラゴニュート「分かった!」

ディーヴァシステム音「ウルトラマン、ロード」

ドラゴニュート「で、どうするんだ?」

レイナ「あの怪獣に剣を向けて、ボタンを押してください」

ドラゴニュート「OK!」

(ドラゴニュートがジェノサイドザウルスに剣を向けてボタンを押すと、スペシウム光線が発射された!)

ジェノサイドザウルス「ギャオオオオオッ!!!」

ドラゴニュート「すげえ…俺…スペシウム光線を撃ってる…」

ジェノサイドザウルス「ギュウウウ…」

ドラゴニュート「今だ!ウルトラマン!止めをさせてくれ!!」

ウルトラマン「ヘアッ!!」

(ウルトラマンはジェノサイドザウルス向けてスペシウム光線を発射した!!)

ジェノサイドザウルス「ギャアアアアアッ!!!」

(ジェノサイドザウルスは爆発四散した)

エミリア「やったあ!!」

イデ「いいぞ!ウルトラマン!!」

ムラマツ「またウルトラマンに助けられたな」

ウルトラマン「シュワッチ!!」

(ウルトラマンは空の彼方に飛び立っていった…そして…)

レイナ「色々とありがとうございました」

ドラゴニュート「この世界はウルトラマンがいる、だから、どんな悪が来ても勝てるはずだ」

ハヤタ「もちろん、ウルトラマンは宇宙の掟を破る奴と戦う為に生まれてきた正義の味方だからな」

ムラマツ「我々もウルトラマンと協力し、この世界を守り抜いて見せる」

ドラゴニュート「頼もしいですね、ならもう大丈夫そうです」

レイナ「さあ、行きましょう、ドラゴニュートエミリア

ドラゴニュート「ああ!」

(こうして、ドラゴニュート達は旅立って行った)

ハヤタ「(変わった人達だったな、彼らは一体何者だったんだろうか…)」

(そしてドラゴニュート達は…)

レイナ「着いたわよ」

ドラゴニュート「なあレイナ、ここは何の世界だ?」

レイナ「ここはカイスマ界、空想世界の一つよ」

ドラゴニュート「空想…世界…?」

 

つづく