クロストライアル高知支部

管理人が物語を作ったり、雑談したりするブログです

龍人族の村の日常 第3話「秋の終わり」

ドラゴニュート「おぉ…さっむ!」

エミリア「寒いねー」

翼「確かに、寒いな…」

ドラゴニュート「おい、翼、何とかしろ!」

翼「無茶言うなぁぁぁ!!」

ドラゴニュート「とは言っても、寒いんだよなぁ…」

翼「レッドザウルスとリダでも呼ぶか?(オリスマと打ちスマのキャラ)」

ドラゴニュート「あいつら今どこにいるんだ?」

翼「元の世界でおねんねしてるんじゃね?」

ドラゴニュート「じゃあ、ダメじゃねぇか…」

龍騎「おっ、何してんだ?」

ティガ「最近寒くなって来たね」

ドラゴニュート「丁度いい所に来たな、龍騎とティガ、龍騎はドラグクローファイヤーで、ティガはウルトラヒートハッグで俺らを温めてくれ」

龍騎「無理言うなよ!あんな技使ったら村に被害が出るぞ!」

ティガ「僕をコンロ代わりにしないでくれ…しかもあの技疲れるからやだ」

ドラゴニュート「むぅ…」

リュウケンドー「おい、何悩んでんだ?」

ドラゴニュート「おっ、リュウケンドーか、丁度いい、ちょっとファイヤーリュウケンドーになってくれないか?」

リュウケンドー「おう、いいぜ!ファイヤーキー、発動!」

ファイヤーリュウケンドー「ファイヤーリュウケンドーライジン!!」

ドラゴニュート「んで、そのまま温めてくれ」

ファイヤーリュウケンドー「おう、いいぜ!」

エミリア「あったか~い…」

翼「暖かくていいな!」

ドラゴニュート「おう!」

ファイヤーリュウケンドー「………」

ファイヤーリュウケンドー「ふざけんな!俺は暖房か!!」

ドラゴニュート「何だよ、だって寒いもん…」

ファイヤーリュウケンドー「だったら暖房でも買えや!!」

ドラゴニュート「え~、買いに行くのめんどくさいよ~」

ファイヤーリュウケンドー「しゃーねーな、ちょっと買ってきてやるよ…」

ドラゴニュート「頼んだぜ~」

1時間後…

ファイヤーリュウケンドー「買ってきたぞ~」

ドラゴニュート「おう、サンキュー!」

エミリア「あったかいわね~」

ドラゴニュート「そうだな」

その後、みんなで暖房であったまりましたとさ、めでたしめでたし